朝霞市 志木市 新座市 和光市 | あさか台動物病院は年中無休で夜8時まで診療しています

[腹腔鏡手術]

傷が小さく、痛みも少ない腹腔鏡手術
あさか台動物病院では、手術の際の動物への負担をできるだけ軽減できますよう
〝腹腔鏡手術〟を導入しております。腹腔鏡手術は傷が小さいので痛みが少なく、
早期回復・入院不要のワンちゃん・ネコちゃんに優しい手術方法です。
  • 腹腔鏡手術とは?
    腹腔鏡手術 おなかの皮膚を2~3カ所切開(3~10ミリ)してカメラや器具を挿入し、 テレビモニターに映し出された鮮明な拡大画像を見ながらおこなう手術のことです。 従来の開腹手術とは異なり、おなかを大きく切らずに手術をおこなうことができるので 傷が小さく、痛みや臓器への負担も少なくて済みます。
    腹腔鏡手術
  • 腹腔鏡手術のメリット
    • 傷が小さいので、痛みが少なく、回復が早い
    • お腹を開けなくて済むため、臓器の乾燥や臓器の癒着を防ぐことができる
    • 拡大された画像を見ながら手術をするので、臓器や血管がよく見え、より安全な手術ができる
    腹腔鏡手術
腹腔鏡でできる手術・検査 
あさか台動物病院では、次の手術・検査において腹腔鏡を適応することが可能です。
  • 避妊手術
    腔内画像卵巣 おなかに開けた2〜3ヵ所の小さな傷から、切除した卵巣や子宮の取り出しができます。テレビモニターの画面を確認しながら止血の確認ができ、また、開腹手術に比べて卵巣を強く引っ張る必要がないため、痛みや体への負担も最小限で済みます。
  • 腹腔内潜在陰睾手術
    本来は陰嚢内に降りてくるはずの睾丸がおなかの中や鼠径部の皮下にとどまることがあり、その状態を「陰睾」もしくは「潜在精巣」と言います。陰睾は正常な精巣に比べて腫瘍化するリスクが非常に高いことから、手術で摘出することが一般的ですが、未発達で小さいことが多いことから通常の開腹手術で探し当てることは動物の体に負担をかけることになります。腹腔鏡手術であれば小さな傷で陰嚢の中を確認しながら確実に摘出することができるので安心です。
  • 肝生検
    腹腔内画像 肝臓 血液検査において肝臓の数値に異常が認められた場合、レントゲン検査や超音波を用いて原因を調べていきますが、それだけでは原因が分からない事も少なくはありません。そのような場合、肝臓の生検(組織の一部を切除して調べること)を行うことで、治療に繋がる場合があります。従来は、お腹を大きく開ける開腹手術が必要でしたが、腹腔鏡を用いる事で小さな傷で肝臓を観察することができ、肝生検を実施することができます。
  • 膀胱結石手術
    腹腔内画像膀胱結石 避妊手術に次いで腹腔鏡手術が多くおこなわれるのが膀胱結石の摘出手術です。腹腔鏡手術ではテレビモニターの画面で膀胱結石を一つ一つ確認しながら取り除いていくことができます。開腹手術で膀胱粘膜の中にある微細な結石を肉眼で完全に見つけ出すのは難しく、また、必要があれば組織生検ができるのも腹腔鏡手術のメリットです。