朝霞市 志木市 新座市 和光市 | あさか台動物病院は年中無休で夜8時まで診療しています
  • HOME
  • ケアと健康管理 あげてはいけない食べ物

[ ケアと健康管理 ]

あげてはいけない食べ物

ワンちゃんネコちゃんが食べると危険な食べ物について

人間にとってはおいしい、体に良い食べ物であっても、犬や猫にとっては有害なものがたくさんあります。 うっかり与えてしまうと健康を損ねたり、あるいは命にかかわる深刻な事態につながることさえあります。
正しい知識をしっかり身につけ、かけがえのない家族の健康を守りましょう。

食べさせるな 危険
  • ネギ類(ネギ・タマネギ・ニラ・ニンニク)
    ネギ類(ネギ・タマネギ・ニラ・ニンニク)
    大量に食べさせると、ネギ属の成分(アリルプロピルジスルファイド)が赤血球中のヘモグロビンを破壊し、血尿、下痢、嘔吐、発熱などを引き起こします。加熱しても成分は分解されないので、ハンバーグやカレー、スープに含まれているタマネギ等でも与えないよう充分注意してください。
  • ぶどう、レーズン
    ぶどう、レーズン
    下痢、腹痛、嘔吐などの症状だけでなく、腎不全の原因になると言われています。
    特にぶどうの皮が危険です。
  • キシリトール配合のガムや菓子
    キシリトール配合のガムや菓子 
    キシリトールを犬が誤って食べてしまうと、たとえ少量であっても、血糖値の低下や嘔吐、肝不全などを引き起こしてしまいます。
  • スパイス類
    スパイス類
    犬や猫は香辛料に対する耐性が低いので、肝臓障害につながる恐れがあります。
  • 鶏の骨 
    鶏の骨
    鶏の骨は砕けやすく、鋭利な形状になって、喉や消化器官を傷つける恐れがあります。
    フライドチキンなどをうっかり与えないよう注意してください。
与え過ぎにご用心 要注意
  • イカ・タコ・カニ・エビ
    イカ・タコ・カニ・エビ
    イカやタコは消化が悪いので下痢や嘔吐の原因になります。また、カニやエビなどの甲殻類はビタミンB1を分解する酵素を持っているので、猫に与えるとビタミンB1欠乏により脚の麻痺を起こす原因になります。ただし、加熱調理したものについては問題ありません。
  • ほうれん草
    ほうれん草
    成分のシュウ酸はシュウ酸カルシウム尿石症の原因になります。
    茹でてアク抜きをするとシュウ酸の量は減らすことができます。
  • ナッツ類
    ナッツ類
    消化が悪いので下痢や嘔吐の原因になります。
  • カカオ類(チョコレート、ココアなど)
    カカオ類(チョコレート、ココアなど)
    カカオ類には中枢神経を刺激する成分(テオブロミン)が含まれており、大量に食べると下痢、嘔吐、発熱、けいれんなどの発作を引き起こす危険があります。
  • 生 卵
    生 卵
    成分に含まれる酵素が皮膚炎や下痢、成長不良の症状等を引き起こす場合があります。
    加熱調理すれば問題ありません。
  • パン
    パン
    市販のパンには塩分や油脂、糖分が多く含まれているので、
    基本的には与えない方が安心です。
[ 番外編 ] 危険な植物意
  • イカ・タコ・カニ・エビ
    猫がユリ科の植物を口にすると、腎障害が起こります。
    アサガオ、キキョウ、スイセン、スズラン、ソテツ、タバコ、ツタ、トリカブト、ヒアシンス、ヒガンバナ、フジ、ポインセチア 、ホウセンカ、ボタン、モクレン等も有害ですので充分注意してください。