朝霞市 志木市 新座市 和光市 | あさか台動物病院は年中無休で夜8時まで診療しています

[ 病気のお話 ]

軟部外科子宮蓄膿症 前のページへ戻る >>

子宮蓄膿症とは、子宮内に感染がおき、膿が貯留してしまう病気です。 状態によっては、死にいたることもある恐ろしい病気です。
症状
元気がない、食欲がないや嘔吐などの症状がみられることがあります。
陰部から膿がでてくることもあります。
一般的な診断の流れ
  • 来院
  • 問診
    臨床症状から子宮蓄膿症が疑われる
  • 検査
    身体検査、レントゲン検査、超音波検査、血液検査、膣スメア
  • 手術
診断
血液検査において感染や炎症が起きていないか、レントゲン検査や、超音波検査において子宮に液体が貯留していないか確認します。

レントゲン写真

超音波写真
治療
子宮・卵巣全摘出術が必要になります。治療が遅れると細菌の出す毒素によって腎不全をおこしたり、膿の溜まった子宮が破裂して腹膜炎や敗血症をおこして非常に重篤な状況に陥ってしまうため、早期発見・早期治療が非常に大切になります。