朝霞市 志木市 新座市 和光市 | あさか台動物病院は年中無休で夜8時まで診療しています
  • HOME
  • 予防 マイクロチップ

[ 予防 ]

あさか台動物病院では、
病気を未然に防ぐための〝予防〟に力を入れております。
かけがえのない家族の一員の健康を守り、
ともに暮らす幸せを末永く続けられますよう、お手伝いいたします。

マイクロチップ

マイクロチップ(MC)は、直径約2mm、長さ約12mmの円筒形のガラスのカプセルで包まれた小さな電子標識器具です。MCに書かれている番号には国コード、動物種コード、個体番号等が組み合わされた世界で唯一の個体識別番号(ID番号)が記録されていて、専用のリーダーを使って読むことができます。一度埋込めば 一生交換する必要はありません。
マイクロチップの埋め込み方法
埋込みの方法は、一般的な皮下注射と変わらないため、動物への苦痛や負担はほとんどありません。また、埋込まれたMCは、動物の体の中を移動しないように表面に特殊な加工がされています。安全性についても、さまざまな臨床試験が行われ証明されています。
マイクロチップの目的
  • 迷子になった動物たちが保護されたときに、身元がすぐに確認でき、不幸な処分を未然に防ぐことができる。
  • 不幸にして、迷子中に交通事故にあっても、連絡を取ることができる。
  • 盗難の予防や、首輪を外されても、自分の家族と証明することができる。
  • 災害時の混乱の中でも、確実に身元を割り出し飼主さまと結びつけることができる。
  • 捨て犬・捨て猫を減らすことができる
  • 純血種の不正な繁殖や血統証明書の偽造を防止し、健全な犬種の発展に寄与することができる。
動物がいなくなったとき
MCには、世界でただ一つの個体識別番号が標識されています。MCを埋込んだ動物とその飼い主のデータは日本獣医師会のデータベースで管理されており、MCを埋込んだ動物が発見された時には、読みとった個体識別番号をデータベースに照会することによって、即座に飼い主の電話番号等の検索が可能で、飼い主に連絡をとることができます。特に、地震等の大災害の際には、MCが動物と飼い主を結び付ける確実な絆となることはいうまでもありません。
埼玉県内全保健所、動物指導センターにはマイクロチップの読み取り装置が配備されています
もし飼い犬がいなくなったら
ご自分で探すのと同時に、以下の機関へ連絡してください。
  • 保健所:朝霞市、志木市、新座市、和光市は朝霞保健所の管轄です。
    朝霞保健所:048(461)0468
  • 警察署や市区町村(市役所)など
もし飼い猫がいなくなったら
ご自分で探すのと同時に以下の機関に連絡してください。
  • 動物指導センター:朝霞市、志木市、新座市、和光市は動物指導センター南支所の管轄です。
    動物指導センター南支所:048(855)0484
  • 警察署や市区町村(市役所)など
マイクロチップを利用した動物の個体識別の普及・推進(AIPO)
AIPO(動物ID普及推進会議)は、(財)日本動物愛護協会、(社)日本動物福祉協会、(社)日本愛玩動物協会と(社)日本獣医師会により構成される組織で、平成14年度から、MCを利用した犬・猫等の家庭動物の個体識別の普及・推進を図っています。