ご予約受付電話 049-251-9882

トップページ > 医療設備

検査機器
病気の早期発見や早期治療のためには、定期的な健康診断が最も重要です。
あさか台動物病院では、ペットの健康を守るための検査・診断をサポートする医療設備が充実しています。
血液検査機器
  • 全自動血球計数器
    セルタックα

    血液中の赤血球、白血球、血小板の数、ヘモグロビンの濃度などを測定する検査機器です。 貧血や炎症の有無、血液凝固異常がないかを調べます。

  • 生化学自動分析装置
    FUJI FILM DRI-CHEM 7000V

    ドライフィルムを利用して血液中の化学成分を迅速・簡便・正確に測定できるシステムです。同時に5検体の測定が可能です。

  • C-反応性蛋白測定装置
    Laser CRP-2

    炎症のごく初期から血中に上昇してくる蛋白を測定する検査機器です。 炎症がどこにあるのかはわかりませんが、感度が良く白血球よりも早期に上昇してくるので炎症の早期発見が可能です。 膵炎や免疫介在性関節炎など炎症性疾患の治療評価などにも用いられます。

  • 血液凝固能・
    凝固因子分析装置
    COAG 2V

    血小板数のみではわからない血液の凝固異常を調べる検査機器です。術前に検査することで、術中の出血リスクを評価します。また、肝不全やDIC(重篤な全身性疾患に伴う症候群)の評価にも用いられます。

画像検査機器
  • FCR
    FUJI FILM CAPSULA-2V

    コンピューター処理による新しいX線画像診断システムです。X線検査により、各臓器(肺、心臓、腹腔内臓器など)の形態的な異常や、関節・骨の異常をみつけることができます。

  • デジタルカラー超音波
    画像診断装置
    ALOKA SSD‐3500V

    動物に負担をかけることなく、外から体内の各臓器をみることができる検査機器です。 X線検査では全体の構造を把握することができますが、超音波検査では肝臓など腹腔内臓器の内部構造(胆嚢や肝実質の腫瘤病変)や心臓内の血液の流れなどをみることができます。

  • 内視鏡
    OLYMPUS VQ-8143A

    開腹せずに食道、胃、十二指腸の内部をみることができる検査機器です。胃内異物の発見、摘出や、胃や十二指腸壁の病変の生検を行うために使われます。時に肛門から入れることで大腸のポリープの検査も行います。

  • X線照射装置
    VPX-500A

    骨の異常や腹部・胸部などの異常を画像でチェックするための機械です。

眼科検査機器
  • 電子眼圧計
    TONO-PEN

    眼圧の測定をします。緑内障の早期診断、その他、ぶどう膜炎など眼内炎の診断に用いられます。より簡便で動物のストレスが少なくすみます。

  • ポータブル
    スリットランプ
    SL-15

    角膜・水晶体・硝子体・ぶどう膜の観察に欠かせない検査機器です。眼球に検査内容に合わせて様々な形や色の光をあて観察することで角膜から硝子体までの立体的な情報を得ることができます。 角膜の傷や白内障、ぶどう膜炎の診断に用いられます。

  • 電子眼圧計
    Tonovet

    眼圧の測定をします。緑内障の早期診断、その他、ぶどう膜炎など眼内炎の診断に用いられます。より簡便で動物のストレスが少なくすみます。

  • 眼底カメラ
    Clear View

    視神経を中心に眼の奥の検査をするものです。緑内障による視神経異常、糖尿病や高血圧による眼底出血、網膜変性、網膜剥離の診断に用いられます。
    (左下)眼底カメラによる眼底写真

その他
  • 尿検査
    Clinitek STATUS

    尿中の測定物質に反応して呈色した試験紙部分の色と濃度を測定する装置です。白血球、蛋白、尿糖、潜血などを測定します。膀胱炎、尿石症、糖尿病などの診断、評価をすることができます。

  • 尿中微量タンパク/
    HbA1c測定装置
    DCA vantage

    HbA1c(糖化アルブミン)と尿中微量アルブミン/クレアチニンを測定する機械です。HbA1c(糖化アルブミン)は過去1か月位の平均血糖値を反映しており、糖尿病の発見、治療効果の評価をするために使われます。尿中微量アルブミン/クレアチニンは腎不全の早期発見のために行います。 血液検査結果で腎不全と診断された時点では腎臓の約3/4以上が機能していない状態であると言われています。しかし、血液に異常が出る前から徐々に腎不全は進行しており、この検査を行うことで腎不全を早期に発見し治療を始めることができます。

  • 顕微鏡
    OLYMPUS BX40

    糞便検査、尿検査、皮膚検査、細胞診検査等、診断の為に幅広く使用されます。

  • 動物用血圧計
    petMAP

    精度が高く、短時間で結果が出る、動物用の血圧計です。 血圧が高いと、心臓や血管に負担がかかっている状態だと言えますし、逆に血圧が低いと、心臓の働きが弱ってきている可能性があります。この機械はオシロメトリック法により、非観血的に血圧を測定します。心臓の弱い子にも、少ない負担で検査を行うことが可能です。

Copyright (c) ASAKADAI ANIMAL MEDICAL CENTER All rights reserved.