朝霞市 志木市 新座市 和光市 | あさか台動物病院は年中無休で夜8時まで診療しています

[ 病気のお話 ]

腫瘍 前のページへ戻る >>

腫瘍とは、自らの細胞が無秩序に増殖することで形成された異常な細胞集団であり、
ペットの高齢化が見られる近年では、イヌやネコでも多くの発生が見られます。
腫瘍は発生した臓器の機能を損なわせるばかりでなく、時には転移、浸潤することで周囲の臓器にも影響を及ぼすこともあり、
ペットの生命を脅かす病気です。 腫瘍というと「良性と悪性」という分類がありますが、
実際にはこの分類を行うのは非常に難しい事が多く、これ以外にも腫瘍の分類方法は数多く存在します。
そして、その分類により治療や予後は非常に大きく変わってきます。
つまり、腫瘍はより正確な診断と分類を行い、適した治療を行う事が必要な病気です。
診断
腫瘍の診断には、触診や視診などから得られる基本的な情報は欠かせません。
これに加えて様々な検査をすることでさらに正確に腫瘍の診断や分類を行います。
血液検査、レントゲン検査や超音波検査、または内視鏡検査などを行う事で腫瘍の分類だけでなく
腫瘍が全身に与えている変化などをとらえる事が出来ます。
また、FNA検査といって、細い針を腫瘍に刺し、針の中に入った少量の細胞を 顕微鏡で見るというような検査方法もあります。 その他、CTやMRIなど、さらに詳しい検査が必要となる場合は
専門の検査施設や二次診療施設への紹介も行っており、 相互に情報交換をしながら診断を進めていきます。
こうした様々な方法を用いて腫瘍を診断、分類する事で、動物一頭一頭に、
腫瘍の種類それぞれに応じた治療を選択することができます。
治療

腫瘍の治療もまた様々です。

外科的切除
手術によって切除する方法です。良性腫瘍で完全切除が可能な場合、ほとんどは良好に治癒が望めます。 また、完全切除が困難な場合であっても、極力腫瘍細胞の数を減らし、後の化学療法や放射線療法と組み合わせるといった目的で行う事もあります。
化学療法
いわゆる「抗癌剤」を使用する治療方法です。リンパ腫など造血器系の腫瘍に対して有効な場合が多く、治癒が期待できる事もあります。 抗癌剤にも様々な種類が存在するため、腫瘍の種類に応じてその種類を選択します。いくつかの抗癌剤を併用することでより高い治療効果が望める事もあります。 抗癌剤の投与プロトコールは数多く存在し、その投与期間、治療効果、予後または副作用などはそれぞれ異なるため、お話し合いの上で選択していくこととなります。
放射線療法
一般には外科的切除などと組み合わせて併用・補助療法として行われます。特殊な治療機器が必要となるため専門の施設でのみ行われている治療ですが、必要に応じてそうした専門施設へのご紹介を行っています。
腫瘍の種類
リンパ腫
リンパ腫はイヌとネコどちらにも多く発生が見られる有名な腫瘍です。イヌとネコどちらでも中高齢からの発生が多く見られますが、ネコではFeLV感染に関連して若齢での発生も見られます。 リンパ腫はその発生部位、腫瘍化する元の細胞の種類、または悪性度などにより細分化され、その分類により症状や予後、そして治療も大きく異なります。 そのためより確実な診断が必要となります。その診断は細胞診や病理組織診断、または遺伝子検査などを併用して行います。 リンパ腫の主な治療方法は抗癌剤を使用した化学療法です。しかし、この腫瘍は残念ながら完治することはありません。 腫瘍細胞を極力減らし、症状を抑える事は可能な事が多いのですが、ほとんどの場合再燃(再発)が見られます。この場合再度抗癌剤が必要となります。 このため、リンパ腫の治療は完治を目指す事ではなく、動物がよりよい生活をより長く送れることを目的とします。 そのために当院では多くの治療方法を提示させていただいており、よりよい治療をオーナー様との話し合いを交えて選択していきたいと考えています。
肥満細胞腫
肥満細胞腫は肥満細胞が腫瘍化する疾患で、イヌ、ネコどちらにも多くみられる腫瘍であり若齢での発生も見られます。
皮膚での発生が多くみられ、刺激により炎症を起こして、発赤・腫大を認める事があります。皮膚以外にも消化器など、内部臓器にその発生が見られることもあります。 リンパ腫同様に、肥満細胞腫も腫瘍の発生部位や細胞の悪性度などによりグレード分類を行い、その分類により症状や予後、そして治療も大きく異なります。 そのため、やはり確実な診断が必要となります。その診断は細胞診や病理組織診断などを併用して行います。 単発性や低グレードの肥満細胞腫は外科的に切除することで良好な予後が期待できる事が多いといわれています。多発性や高グレードのものでは抗癌剤や放射線療法を併用することがありますが、タイプによっては根治が困難なこともあります。 また最近では、遺伝子検査によってある種の遺伝子変異の検出を行う事で肥満細胞腫の発生の素因を探り、適する場合には分子標的薬という新しい薬剤の投与が適応となることもあります。
血管肉腫
血管内皮への分化傾向を示す細胞から構成される悪性腫瘍であり、大型犬での発生が多く見られます。発生部位は様々ですが、
脾臓、肝臓、心臓や皮膚での発生が多く見られます。 しばしば肺への転移も見られ、基本的には予後の悪い腫瘍です。
脾臓や肝臓に発生した腫瘍は時に腹腔内出血を引き起こし、急死することもあり得ます。
診断は犬種、年齢、発生部位の他、血液検査など各種検査を総合して行います。
治療は、可能な場合は外科的切除が望ましく、特に脾臓に発生した血管肉腫は脾臓ごと摘出することで腹腔内出血や急死のリスクを軽減することができます。また、抗癌剤を使用することもありますが、やはり根治は困難な腫瘍といえます。
骨肉腫
骨原発性腫瘍の中で最も発生率が高いとされています。特に大型犬の大腿骨など四肢骨格での発生が多く見られ、転移することも多い悪性腫瘍です。 初期治療としては断脚などの外科的切除が挙げられます。
また、抗癌剤や放射線療法を併用することもありますが、根治は困難な事が多いといえます。
乳腺腫瘍
乳腺腫瘍はイヌとネコいずれにもその発生が多く認められる腫瘍です。性ホルモン依存性の疾患でもあり、発情と避妊手術の時期によりその予防効果は大きく異なりますが、早期に避妊手術を行うことによってその発生率を下げる事が可能です。 イヌの場合は良性腫瘍である事が多いのですが、中には炎症性乳癌という非常に悪性度の高いものもあります。逆に、ネコの場合は悪性である事が多く、肺への転移もしばしば認められます。
診断は各種検査を含めた全身状態の確認を行い、腫瘍のサイズ、リンパ節転移の有無、遠隔転移の有無などによりステージ分類を行います。炎症性乳癌の診断には時に病理検査が必要となることもあります。 治療は、良性の場合は外科的切除により経過は良好な事が多いのですが、悪性の場合には転移や再発の可能性も高く、化学療法や放射線療法の併用が必要となる場合もあります。炎症性乳癌は非常に悪性度が高く、現在その治療方法は確立されていません。
いずれも「完治」というのは難しい事が多いのが腫瘍です。しかし、完治しないから治療が無駄という事ではありません。
腫瘍によって生じる辛さや痛みを和らげてあげる事で生活の質の向上が可能です。 いずれの治療も極力楽な状態で動物たちが飼主様と長く過ごせる事を目的に行っています。
Warning: include(../php/piwik.txt): failed to open stream: No such file or directory in /home/web-asakadai/www/asakadai-ah.jp/ohanashi/oncology/index.html on line 174 Warning: include(): Failed opening '../php/piwik.txt' for inclusion (include_path='.:/usr/share/pear:/usr/share/php') in /home/web-asakadai/www/asakadai-ah.jp/ohanashi/oncology/index.html on line 174