朝霞市 志木市 新座市 和光市 | あさか台動物病院は年中無休で夜8時まで診療しています

[腫瘍科] 前のページへ戻る >>

死因トップだからこそ、しっかりとした診断と治療を
腫瘍科
ペットの高齢化が見られる近年では、腫瘍はイヌやネコの死因のトップになっています

しかし、一言に腫瘍と言っても、完治を見込めるものもあれば、残念ながら完治が難しく、できるだけ動物の苦しみをとっていくことが治療の目的になるものもあります。
そのため、適切な治療を選択し行うには、腫瘍に対するしっかりとした知識を持って診断を行っていくことが非常に重要となってきます。
当院には日本獣医がん学会の腫瘍科Ⅱ種認定医が在籍しており、常に最新の知見に触れておりますので、「体にしこりが見つかった」、「がんと診断されて悩んでいる」といったことなど、お悩みのことがあれば、お気軽にご相談ください。

もし体にしこりが見つかったら・・・。
それが本当に腫瘍なのか、あるいは炎症などによって
一時に腫れているだけなのかを調べていく必要があります。

  • 一般的な診断の流れ
    一般的な診断の流れ
  • 細胞診(FNA)
    採血と同じ細い針を「しこり」にさして、顕微鏡で診断する検査です。動物への負担も少なく、素早く検査できます。この検査だけで確定診断ができ、すぐに治療にうつれる腫瘍も少なくないため、必ず行います。

    代表的な腫瘍

    • イヌのリンパ腫

      イヌのリンパ腫

    • ネコのリンパ腫

      ネコのリンパ腫

    • 組織球肉腫

      組織球肉腫

    • ネコの肥満細胞腫

      ネコの肥満細胞腫

    • イヌの肥満細胞腫

      イヌの肥満細胞腫

  • 生検
    生検 細胞診で腫瘍が疑わしいが、確定的ではない場合は、病変の一部または全体を切除し、病理組織検査を行い、診断をつけます。他に特殊検査として、遺伝子検査で診断できる腫瘍(膀胱移行上皮癌、前立腺癌)もあります。
  • ステージ分類
    腫瘍の診断がついたら、その腫瘍の進行度(ステージ)の判断を行います。ステージ分類とは、腫瘍が局所にとどまっているのか、あるいはリンパ節や肺など他臓器に転移しているのかを判断します。治療方針や治療開始後の効果判定に大きく関わってきますので、必ず行います。
  • 行う検査
    ・レントゲン検査(肺転移の有無)
    ・超音波検査
    ・細胞診(FNA)(リンパ節転移の判断)
    • 肺転移のレントゲン写真

      肺転移のレントゲン写真

    • リンパ節転移の超音波写真

      リンパ節転移の超音波写真

  • 治療
    治療方針として、大きく分けて2つあります。
    ① 根治治療:完治を目指す治療
    ② 緩和治療:完治を目指すのではなく、動物の生活の質(QOL)の向上を目的とする治療
    腫瘍の種類、進行度(ステージ)や動物の状態、飼い主様の意向を合わせて、その子に適した治療方針を相談させていただきます。
腫瘍の3大治療
〇外科療法
〇化学療法
〇放射線療法
腫瘍科ではこれらを単独であるいは組み合わせて治療していきます。
〇外科療法
術によって切除する方法です。完全切除が可能な腫瘍の場合、第一選択の治療になり、完治も見込めます。
  • 陰唇部の肥満細胞腫 手術前

    陰唇部の肥満細胞腫 手術前

  • 陰唇部の肥満細胞腫 手術後(完全切除)

    手術後(完全切除)

〇化学療法
いわゆる 「抗ガン剤」を使用する治療方法です。リンパ腫など血液系の腫瘍に対して非常に有効です。 抗ガン剤には様々な種類が存在し、投与プロトコールも数多く存在します。治療効果、副作用などはそれぞれ異なるため、お話し合いの上で選択していくこととなります。
生検

当院で扱っている化学療法剤の一部

*抗ガン剤は副作用が非常に強いというイメージを持たれている方が多いと思いますが、適切に使えば、重篤な副作用はかなりの確率で抑えられます。
〇放射線療法
特殊な治療機器が必要となるため専門の施設でのみ行われている治療ですが、必要に応じてそうした専門施設へのご紹介を行っています。
〇その他の治療方法
生検 分子標的薬:一部の腫瘍に対して有効であり、かつ副作用が抗ガン剤に比較して少ないというメリットがあります。
よく見られる腫瘍
〇リンパ腫
リンパ腫はイヌとネコどちらにも多く発生が見られる腫瘍です。中高齢からの発生が多く見られますが、ネコではFeLV感染に関連して若齢での発生も見られます。リンパ腫はその発生部位、腫瘍化する細胞の種類、または悪性度などにより細分化され、その分類により予後と治療が大きく異なります。そのためより確実な診断が必要となります。その診断は細胞診や病理組織診断、遺伝子検査などを併用して行います。
治療は抗ガン剤を使用した化学療法です。リンパ腫の治療は完治を目指す事ではなく、動物がよりよい生活をより長く送れることを目的とします。そのために当院では多くの治療方法を提示させていただいており、よりよい治療をオーナー様との話し合いを交えて選択していきたいと考えています。
  • 腎臓型リンパ腫

    腎臓型リンパ腫

  • 高悪性度リンパ腫

    高悪性度リンパ腫

  • 低悪性度リンパ腫

    低悪性度リンパ腫

〇乳腺腫瘍
乳腺腫瘍はイヌとネコいずれにも多く認められる腫瘍です。早期に避妊手術を行うことによってその発生率を下げる事が可能な、数少ない予防できる腫瘍です。
イヌの場合は良性と悪性が1:1の割合ですが、ネコの場合はほとんどが悪性で、肺への転移もしばしば認められます。診断は各種検査を含めた全身状態の確認を行い、腫瘍のサイズ、リンパ節転移の有無、遠隔転移の有無などによりステージ分類を行います。
治療は、外科的切除が基本となり、良性腫瘍であればそれだけで完治が見込めます。悪性の乳腺腫瘍の場合には進行度により、術後に化学療法や放射線療法の併用が必要となる場合もあります。また、稀に炎症性乳癌という非常に悪性度の高い乳腺腫瘍が発生することもありますが、身体検査や細胞診である程度診断ができます。

乳腺腫瘍

炎症性乳癌の細胞診