朝霞市 志木市 新座市 和光市 | あさか台動物病院は年中無休で夜8時まで診療しています

[ 病気のお話 ]

整形骨折 前のページへ戻る >>

骨折は様々な部位で起こり、原因も様々です。
最も多いのが外傷性骨折で、交通事故や落下など過剰な外力が加わることにより発生します。
その他には、骨の抵抗力が病的に減弱し、正常ならば骨折が起こらない程度の弱い外力によって起こる病的骨折、
骨の同一部位に反復性に加わる小規模な外力の集積により発生する疲労骨折があります。
近年、小型犬を室内で飼うことが増えたため、交通事故より、抱っこやソファーからの落下による骨折が多く見られます。
診断
骨折部位により様々ですが、四肢の完全骨折であれば骨折後すぐに著明な跛行(歩様異常)を
呈するばかりでなく、 体重を支えることが不可能となり残りの三肢で歩行します。
痛みも強く、患部を動かしたり、圧迫すると痛みは増強します。
一般的な診断、治療の流れ
  • 来院
  • 問診
    臨床症状(脚を挙げるなど歩様異常)、問診から骨折が疑われる
  • 検査
    身体検査(触診)、X-ray検査
  • 骨折部位の確認、骨折の状態把握
  • 外科的治療
  • 手術により骨折を整復
  • リハビリ
  • 退院
治療
骨の整復と固定は可能ならば極力早く実施すべきです。処置が遅れると、筋の拘縮や軟部組織の腫脹のために整復が困難になります。 さらに、骨折部の腫脹が解消するのを待っていると、その間に血腫の器質化と仮骨の形成が進行して、骨折が不正に癒着し、処置が一層複雑になります。
骨折の固定法
外科的切除
ギプス包帯や接合副子(添え木)などにより骨折部位を固定する。
観血的方法
髄内ピンや骨プレート、創外固定など骨折部位や状態によって選択(複数組み合わせることもある)し、骨折を整復する。
Warning: include(../php/piwik.txt): failed to open stream: No such file or directory in /home/web-asakadai/www/asakadai-ah.jp/ohanashi/seikei/fracture.html on line 153 Warning: include(): Failed opening '../php/piwik.txt' for inclusion (include_path='.:/usr/share/pear:/usr/share/php') in /home/web-asakadai/www/asakadai-ah.jp/ohanashi/seikei/fracture.html on line 153