朝霞市 志木市 新座市 和光市 | あさか台動物病院は年中無休で夜8時まで診療しています

[ 病気のお話 ]

椎間板ヘルニア前のページへ戻る >>

脊椎(いわゆる背骨)の間にある、
クッション材である椎間板に変性が起き、
太い神経である脊髄の通る脊柱管内に
椎間板やその内容物が飛び出てしまい、
様々な神経症状を起こす病気です。
写真左 : 術前 / 写真右 : 術後
椎間板ヘルニアの分類
ハンセンⅠ型:
脊柱管内に飛び出るものが椎間板の内容物(髄核)で、症状は急性で犬種はダックスフント、ペキニーズ、トイプードル、ビーグルで多く報告されています。
ハンセンⅡ型:
椎間板の変性が起こり、徐々に椎間板自体が脊柱管内に突出するため、症状は緩やかに起こってくることが多く、ハンセンⅡ型の犬種以外の犬種で、加齢に伴いみられることが多いです。
どんな症状?
  • 急に腰が抜けたように歩けなくなった
  • 首や背中を触ると痛がる
  • 後ろ足がふらつく
  • 抱き上げる時キャンと鳴き痛がる
  • 排尿、排便が意識的にできない など
椎間板ヘルニアの重症度分類
グレード1 :
疼痛のみで神経症状がない
グレード2 :
不全麻痺だが歩行可能、繰り返し起こる疼痛
グレード3 :
重度の不全麻痺(歩行不可、起立不可)
グレード4 :
重完全麻痺(排尿困難)
グレード5 :
a)深部痛覚のない完全麻痺(<48hrs)
b)深部痛覚のない完全麻痺(>48hrs)
診断
X線、CT、MRI等の画像検査により脊髄の圧迫病変を確認、部位の特定をします。
一般的な診断の流れ
  • 来院
  • 問診
    臨床症状、犬種、年齢から椎間板ヘルニアが疑われる
  • 検査
    身体検査、神経学的検査、レントゲン検査、血液検査
  • 画像専門検査機関にて全身麻酔下でMRI画像検査
  • 脊髄の圧迫病変の程度、部位が特定
  • 外科的治療の適応であれば手術へ
  • 手術
椎間板ヘルニアの治療
  • ● 保存療法・・・・・・・・運動制限(ケージレスト)、抗炎症剤、リハビリテーション
  • ● 外科的治療(手術)・・・グレード2よりも重症の場合は外科手術適応
  • 頸部椎間板ヘルニア
    頸部椎間板ヘルニアでは、頸部の痛みのために、触ると嫌がる、首を上にあげらない症状や、前肢から四肢にかけての麻痺により、重症例では起立困難を示す場合があります。外科的治療法として、頸部腹側から椎骨にアプローチし、椎骨の一部を削り開窓した後、椎間板物質の除去を行う腹側減圧術(Ventral Slot)を実施します。
  • 胸腰部椎間板ヘルニア
    胸腰部椎間板ヘルニアでは、腰の痛みのために、抱き上げると痛がる症状や、後肢に力が入らず腰を落として歩く様子や、排尿・排便障害を示す場合があります。外科的治療法として、背側から椎骨にアプローチし、椎骨の一部を削り開窓した後、椎間板物質の除去を行う片側椎弓切除術(Hemilaminectomy)を実施します。
  • 進行性脊髄軟化症
    急性の痛覚反応消失を伴う重度椎間板ヘルニアでは、逸脱した椎間板物質による脊髄の神経細胞の虚血・出血性壊死により、脊髄実質が軟化する進行性脊髄軟化症が発症することがあります(深部痛覚の消失した症例の5%)。発症してしまうと手術の成否に関わらず、2〜4日以内に呼吸不全で死に至ります。当院では進行性脊髄軟化症になる可能性がある重度の椎間板ヘルニアの患者様に対しては、本病態についてご理解頂くよう術前の十分なインフォームドコンセントを心がけています。