朝霞市 志木市 新座市 和光市 | あさか台動物病院は年中無休で夜8時まで診療しています

[ 病気のお話 ]

泌尿器科 前のページへ戻る >>

泌尿器とは尿の生成と排泄に関わる臓器をさし、腎臓や膀胱がその代表です。中でも腎臓の役割は非常に重要であり、血液中の老廃物の濾過、水分の保持または電解質などの恒常性を維持する役割を果たしています。
泌尿器の疾患は、侵害される臓器によってその症状は様々です。
例えば腎機能が低下すると、毛づやの悪化、多飲多尿、脱水や嘔吐などの症状がみられます。その他にも、膀胱への細菌感染や結石の存在により、頻尿、血尿や排尿困難など多様な症状を示します。
問診/身体検査
排尿の様子、尿の色、被毛の状態や脱水の有無など全身状態を確認します。
腹部の触診では、腎臓や膀胱の大きさや形の異常が確認出来ます。
検 査
  • 血液検査
    血液中の尿素窒素(BUN)、クレアチニン(Cre)値をはじめ、カルシウムやリン、ナトリウムやクロールといったイオンバランスの変化などを確認します。
    また、腎臓は赤血球の再生を促すエリスロポエチンというホルモンを産生する働きも持つため、腎臓の機能が低下するとこのホルモンの産生が低下して貧血を呈する事もあります。実際に、血液検査でエリスロポエチンの血中濃度を測定する事も可能です。
    この他、甲状腺ホルモンや副腎皮質ホルモンなども泌尿器の疾患に深く関わるため、必要に応じて全身のスクリーニングを含めた総合的な検査を行います。
  • 尿検査
    腎機能が低下すると、尿比重の低下や尿中へのタンパク質の漏出が起こります。こうした変化は、血液上の異常より尿中に早期に現れるため、尿検査を実施する事で腎臓病の早期発見が可能です。
    【右写真】ペーパー

    さらに、尿を顕微鏡で確認する事で、
    尿中の様々な成分(細菌、結晶、円柱、炎症細胞や腫瘍細胞など)を検出することが出来ます。その結果をもとに、様々な病気を診断することや治療の成果を確認する事が可能です。
    結晶 円柱 細胞
  • X線検査
    腎臓の大きさ、形態や結石を確認する事ができます。また、必要に応じて造影剤を使用することでさらに腎臓の詳細な評価が可能です。
    造影方法は静脈性と逆行性の2種類の方法があります。
    静脈性尿路造影は、静脈から造影剤を投与して造影剤の尿中への排泄を経時的に確認する方法で、腎臓や尿管の構造の評価や尿生成過程から腎機能の評価を行う事が可能です。逆行性尿路造影は、ペニスや膣など陰部から造影剤を投与する方法で、奇形や腫瘤といった形態上の異常や膀胱から尿道にかけての尿路の狭窄や断裂・破裂の有無を評価する事が可能です。
    単純x線 造影
  • 超音波検査
    腎臓や膀胱の内部構造を確認します。
    腎臓においては形態や構造の変化、血流の評価を、膀胱においては壁の厚さや不整、内部の結石や血餅などの評価を行います。 その他にも、尿管や尿道、雌では子宮や卵巣、雄では前立腺の評価にも有用です。
    超音波腎臓 超音波膀胱
  • 血圧測定
    腎機能が低下すると、腎血流量の低下や老廃物の蓄積などにより血圧が上昇します。この血圧の上昇は、腎臓にある糸球体を障害し、更なる腎機能の低下という悪循環を引き起こします。また、高血圧によって網膜薄利や細血管障害を引き起こし、全身状態の悪化にもつながります。
    従って、腎臓病においては血圧を測定することにより、適切に血圧をコントロールする必要があります。
    【右写真】血圧計
代表的な泌尿器科疾患
  • 腎不全
    腎臓全体の3/4の機能が停止した場合に起こります。腎臓病の発生率は年齢とともに増加し、特に猫では10歳齢以上になるとその発生率が急増します(10歳齢で5%)。通常、障害を受けた糸球体は不可逆性に障害を受けるため、早期発見し、いかに病気の進行を遅くするかが大切になります。
    血液検査、尿検査および血圧測定によって、病期を分類していきます。
    IRIS分類 【クリックで拡大します】
    検査結果に基づき、病態にあった治療(食事療法、皮下補液、内服)が必要になります。
  • 膀胱結石
    尿のPhや尿貯留時間が長いことにより結石が形成される可能性があります。結石が形成されると、尿路を損傷し、炎症を引き起こす恐れがあります。また、結石が尿管や尿道に詰まり、閉塞を起こしてしまう可能性もあります。結石の種類によっては食事療法で溶けるものもあるため、形成された結石に応じた治療が必要になります。結石の種類や大きさなどによっては外科的治療が必要になることもあります。
  • 膀胱腫瘍
    犬の悪性腫瘍の約2%をしめる腫瘍です。症状が血尿、頻尿、乏尿や排尿困難など下部尿路疾患と似た症状であり、抗生剤の投与で一時症状が改善されることから、発見が遅れる可能性があります。また、尿道に近い部分にできやすく、浸潤もしやすいため外科的治療が困難であることがほとんどです。そのため、治療の中心は抗癌剤や対症療法が中心となります。
  • 膀胱炎
    膀胱炎になると頻尿、血尿、排尿困難および排尿痛などの症状が見られます。大部分は、陰部やペニスを舐めることにより腸や皮膚の細菌が尿道から膀胱へ上行して起こると考えられています。また、腎不全、副腎皮質機能亢進症や糖尿病などの全身性疾患を持っている子は膀胱炎を引き起こしやすいと言われています。
Warning: include(../php/piwik.txt): failed to open stream: No such file or directory in /home/web-asakadai/www/asakadai-ah.jp/ohanashi/urology/index.html on line 205 Warning: include(): Failed opening '../php/piwik.txt' for inclusion (include_path='.:/usr/share/pear:/usr/share/php') in /home/web-asakadai/www/asakadai-ah.jp/ohanashi/urology/index.html on line 205