• HOME
  • 診療のご案内
  • 統合医療について

[ 統合医療について ]

あさか台動物病院では、西洋医学と東洋医学を併用した 統合医療 を実施しています。
統合医療とは
西洋医学的治療を基本とした一般的な医療と、東洋医学や代替療法を併用した医療のことです。
当院では西洋医学を主体として、専門性の高い医療を提供させていただいております。しかし、ペットのおかれる環境が多様化している現在、ご家族が望む獣医療の在り方も様々となっています。
そこで東洋医学や代替医療を組み合わせた統合医療を取り入れ、より多くの治療法を選択できるようにすることで、より動物や飼い主様にとって望ましい医療をご提供していきたいと考えています。
東洋医学の適応
治療
西洋医学的治療の補助としてより治療効果を高めたり、薬の減量などが期待できます。また、西洋医学的治療の代替治療として行われます。
養生
症状消失後の体質改善や、再発防止、体調の維持管理を行い体のバランスを整えます。
未病
明確な症状はなくても何となく調子が悪いような状態を未病といいます。
その段階から体の調子を整え、自己治癒力を高めることで病気の発現を防ぎます。
鍼灸治療
鍼灸とは体調に合わせて効果的な経絡やツボに鍼やお灸をすることで、体内の巡りを整える治療法です。
椎間板ヘルニアや関節疾患などの痛みの緩和や麻痺の改善に効果が期待できます。また、内科的な慢性疾患や高齢期の不調、体質改善にも有効です。
【 適応症 】
  • 運動器系疾患 : 椎間板ヘルニア、関節炎、馬尾症候群、変形性脊椎症 など
  • 神経系疾患 : 顔面神経麻痺、てんかん、前庭疾患 など
  • 呼吸器系疾患 : 気管支炎、喘息、気管虚脱 など
  • 消化器系疾患 : 下痢、便秘 など
  • 泌尿・生殖器系疾患 : 尿失禁 など
その他、循環器系の疾患や代謝系疾患、皮膚疾患にも効果が認められます。
漢方治療
漢方薬治療は、生薬の薬理効果を利用した治療法です。症状に合わせて様々な生薬を組み合わせ、急性疾患から慢性疾患、未病や体質改善まで幅広く対応することができます。
漢方薬は長期間服用しないと効果がないと思われがちですが、即効性のある薬もあります。
動物用に調剤された漢方薬もあり、安全に使用することができます。
【 適応症 】
  • 運動器系疾患 : 椎間板ヘルニア、関節炎、馬尾症候群、変形性脊椎症など
  • 神経系疾患 : てんかん、前庭疾患、認知症 など
  • 循環器系疾患 : 僧帽弁閉鎖不全症などの心疾患、血栓症 など
  • 呼吸器系疾患 : 気管支炎、喘息、気管虚脱 など
  • 消化器系疾患 : 胃腸炎、慢性の下痢症、便秘、膵炎、胆泥症 など
  • 泌尿・生殖器系疾患 : 膀胱炎、膀胱結石、尿漏れ など
  • 代謝系疾患 : 糖尿病、甲状腺機能低下症
  • 皮膚疾患 : アトピー性皮膚炎、膿皮症、外耳炎、乾燥肌 など
その他、虚弱体質の改善や高齢動物の養生、腫瘍の治療補助などにも有効です。
オゾン療法
オゾンの抗酸化作用を利用して、オゾンガスの注腸法やオゾン化オイルなどを用いて治療を行います。
各種慢性疾患や皮膚病、椎間板ヘルニア、神経疾患などの治療に用います。
レーザー治療
疼痛の緩和、血行促進、創傷治癒の促進、消炎効果があります。
主に椎間板ヘルニアや変形性関節炎、口内炎などの治療に用います。また、鍼灸治療が難しい経穴(ツボ)に照射することで治療効果を期待できます。