[整形外科]前のページへ戻る >>

整形外科
動物が歩く・走る・ジャンプするなどの運動をするためには、骨や関節、骨格筋、靱帯、腱などの運動器が重要な役割を果たします。
整形外科の病気は犬に多く見られ、先天的な異常(奇形)や幼少期に発症する病気も少なくありません。整形外科の病気は早い段階で適切な診断と治療をおこなうことで悪化を防ぐことができますので、日頃の散歩時などに注意して見ることをどうぞ習慣になさってください。下記のような症状が見られたら、早めの受診をおすすめします。
こんな初期症状はありませんか?
  • ⃞ ケンケンのように片足を浮かせるような歩き方をする
  • ⃞ お座りをすると後ろ足の片方があぐらのようになる
  • ⃞ 立ち姿を後ろからみると内側または外側に傾いている足がある
  • ⃞ 散歩を喜ばなくなった
  • ⃞ 階段を避けるようになった
  • ⃞ 歩幅が小さくなった

当院で対応している主な整形外科手術

あさか台動物病院では整形外科手術に精通しており、他院からの紹介診療にも対応しています。整形外科手術は高度な技術が要求される分野であり、世界水準の最新の知見と技術を修得することに加え、特殊な医療機器・器具も必要となります。あさか台動物病院では整形外科の海外研修セミナーに積極的に参加し、最前線の整形外科技術を修得しています。
  • 創外固定法
  • 橈尺骨骨折整復術
  • 大腿骨骨折整復術
  • 骨盤骨折整復術
  • 下顎骨骨折整復術
  • 肩関節脱臼整復術
  • 肘関節脱臼整復術
  • 手根および足根関節脱臼整復術
  • 大腿骨頭切除術
  • 膝蓋骨脱臼整復術
  • 股関節脱臼整復術(観血的、非観血的)
  • 前十字靱帯断裂手術(TPLO・TTA)
整形外科の病気
大型犬種に多く見られる「股関節形成不全」や「前十字靭帯断裂」、小型犬に多く見られる「膝蓋骨脱臼」や「レッグ・カルベ・ペルテス病」など、気になる病気についてお話しします。